めん羊牧場における捻転胃虫症の被害と駆虫対策の検討 Study on Anthelmintic Management Against Damage from Haemonchosis Occurring in Sheep Herds

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

クエン酸ジエチルカルバマジン製剤を定期的に投与していたAめん羊牧場で、捻転胃虫症によるめん羊の高率の斃死例が認められていた。そこでイベルメクチン(IVM)または塩酸レバミゾール(LEV)製剤を用いた駆虫プログラムを3年間実施した結果、20%前後で推移していた死亡率は減少し、3年目に2.8%となった。駆虫薬投与にともなう虫卵数(EPG)の変化は経皮吸収性IVM剤でほとんどなかったが、注射用IVM剤および経口用LEV剤の1ヵ月間隔投与で、平均EPGはそれぞれ5418.5から3.2および98.2から1.9と有意に減少し、駆虫効果がみられた。しかし、IVM剤の2ヵ月間隔投与では平均EPGが120.5から41.1と減少したものの有意差はなく、1ヵ月間隔投与より駆虫効果は低かった。さらにIVM剤およびLEV剤の両駆虫薬では1回目投与の良好な駆虫効果に対し、2回目以降では駆虫率が低下する傾向がみられ、当牧場での耐性株の発生が危惧された。

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 59(9), 607-611, 2006-09-20 

    日本獸医師会

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018069185
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    8092307
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ