急性膵炎の犬においてC-反応性蛋白を経時的に観察した1例 The Time Course of C-Reactive Protein in a Dog Suffering Acute Pancreatitis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

雌のシェットランド・シープドッグが元気消失、食欲不振、血便を呈して来院し、触診で上腹部の疼痛反応が確認された。血液ならびに血液生化学検査では、総白血球数の増加、アルカリフォスファターゼ、アミラーゼ、リパーゼの上昇が確認された。C-反応性蛋白(CRP)は51mg/dlと著増を示し、超音波画像所見とあわせて急性膵炎と診断された。第1病日より3日間の絶食絶水を行い、抗生剤(アンピシリン)、蛋白分解酵素阻害剤(メシル酸ガベキサート)の静脈内投与を開始した。第2病日には総白血球数、リパーゼは上昇していたが、CRPは低下していた。第12病日には元気、食欲旺盛であり、嘔吐もみられないことから退院した。CRPの測定は急性膵炎の経過を把握する上で有用であり、経時的にこれを観察することで治療効果を予測することが可能であった。

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 59(9), 619-622, 2006-09-20 

    日本獸医師会

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018069200
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    8092331
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ