黒毛和種肥育牛における筋病変発生に及ぼす種雄牛の系統および飼養方法の影響 The Effects of Bull Strains and Environment in the Development of Muscular Abnormality in Japanese Black Cattle

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

黒毛和種肥育牛の枝肉前切り断面における筋病変(いわゆる筋肉炎、シコリ)の発生原因および好発要因を明らかにするため、種雄牛および肥育農家ごとの発生率を調査した。まず、筋病変が発生した個体の種雄牛を調べた結果、筋病変の発生に及ぼす特定の種雄牛の影響はほとんど認められなかった。筋病変の発生率は、種雄牛の系統別にみると、中土井系よりも気高系および藤良系の産子で高かった。さらに、約30%の産子で筋病変が発生した種雄牛の掛け合わせが2例認められた。次に、肥育農家別の筋病変の発生率は、大規模出荷者の間では差は認められなかったが、10%以上の個体に筋病変が発生した小規模出荷者もあった。以上の結果、黒毛和種牛の筋病変の発生には遺伝的要因と肥育方法のいずれも関与していることが示唆された。

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 59(9), 623-625, 2006-09-20 

    日本獸医師会

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018069215
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    8092351
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ