B型急性肝炎とHBVキャリア急性増悪のCLIA法IgM-HBc抗体価による判別 Discrimination between acute hepatitis B and acute exacerbations of chronic hepatitis B by measurement of IgM class antibody to hepatitis B core antigen by CLIA method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中尾 瑠美子 NAKAO Rumiko
    • 独立行政法人国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター Clinical Research Center, National Hospital Organization Nagasaki Medical Center
    • 八橋 弘 YATSUHASHI Hiroshi
    • 独立行政法人国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター Clinical Research Center, National Hospital Organization Nagasaki Medical Center
    • 明時 正志 [他] MYOJI Masashi
    • 独立行政法人国立病院機構長崎医療センター研究検査科 Clinical Laboratory, National Hospital Organization Nagasaki Medical Center
    • 楠本 浩一郎 KUSUMOTO Koichiro
    • 独立行政法人国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター Clinical Research Center, National Hospital Organization Nagasaki Medical Center
    • 上平 幸史 KAMIHIRA Takashi
    • 独立行政法人国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター Clinical Research Center, National Hospital Organization Nagasaki Medical Center
    • 長岡 進矢 NAGAOKA Shinya
    • 独立行政法人国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター Clinical Research Center, National Hospital Organization Nagasaki Medical Center
    • 大畑 一幸 OHATA Kazuyuki
    • 独立行政法人国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター Clinical Research Center, National Hospital Organization Nagasaki Medical Center
    • 矢野 公士 YANO Koji
    • 独立行政法人国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター Clinical Research Center, National Hospital Organization Nagasaki Medical Center
    • 阿比留 正剛 ABIRU Seigo
    • 独立行政法人国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター Clinical Research Center, National Hospital Organization Nagasaki Medical Center
    • 小森 敦正 KOMORI Atsumasa
    • 独立行政法人国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター Clinical Research Center, National Hospital Organization Nagasaki Medical Center
    • 松本 武浩 MATSUMOTO Takehiro
    • 独立行政法人国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター Clinical Research Center, National Hospital Organization Nagasaki Medical Center
    • 大黒 学 DAIKOKU Manabu
    • 独立行政法人国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター Clinical Research Center, National Hospital Organization Nagasaki Medical Center
    • 石橋 大海 ISHIBASHI Hiromi
    • 独立行政法人国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター Clinical Research Center, National Hospital Organization Nagasaki Medical Center

抄録

B型急性肝炎53例とHBVキャリア急性増悪例60例のIgM-HBc抗体を化学発光免疫測定法にて測定し,本法がB型急性肝炎とHBVキャリア急性増悪の判別に有用であるかどうかについて検討した.B型急性肝炎53例全例IgM-HBc抗体価が1.0S/CO以上を示し,HBVキャリア急性増悪例では60例中36例(60%)が1.0S/CO以上を示した.抗体価1.0S/CO以上を陽性とする定性判定を用いた正診率は68%であった.一方,IgM-HBc抗体価が10.0S/CO以上を示した症例は,B型急性肝炎では53例中49例(92%),HBVキャリア急性増悪例では60例中4例(7%)であり,抗体価10.0S/COを用いた両者判別の正診率は93%であった.以上の結果,B型急性肝炎とHBVキャリア急性増悪例との判別値として抗体価1.0S/COは不適であり,10.0S/COを用いることにより,高い正診率で判別が可能であると考えられた.<br>

To determine the diagnostics value of IgM class antibody to hepatitis B core antigen (anti-HBc IgM) among patients with acute hepatitis B (AH-B) and acute exacerbation of chronic hepatitis B (CH-Be), the sera from 53 patients with known AH-B and 60 patients with known CH-Be were studied for anti-HBc IgM by Chemiluminescent Immunoassay (CLIA). The anti-HBc IgM titer level greater than 10.0S/CO was 92% in AH-B and 7% in CH-Be, with better accuracy 93% (105/113) comparing to qualitative cutoff levels accuracy 68% (77/113). <br> As a consequence, only using just "positive" or "negative" results of anti-HBc IgM detection is not enough to distinguish both AH-B and CH-Be.<br> According to the results from the study, we found that it is useful for differentiating between AH-B and CH-Be, with the titer of anti-HBc IgM greater than or below 10.0S/CO. <br>

収録刊行物

  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA  

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 47(6), 279-282, 2006-06-25 

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018070356
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04514203
  • NDL 記事登録ID
    7950498
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-130
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ