肝炎後再生不良性貧血の2例 Two cases of hepatitis-associated aplastic anemia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 後藤 貴史 GOTO Takashi
    • 長崎大学医学部・歯学部附属病院第一内科 First Department of Internal Medicine, Nagasaki University Hospital
    • 石川 博基 ISHIKAWA Hiroki
    • 長崎大学医学部・歯学部附属病院第一内科 First Department of Internal Medicine, Nagasaki University Hospital
    • 佐伯 哲 [他] SAEKI Akira
    • 長崎大学医学部・歯学部附属病院第一内科 First Department of Internal Medicine, Nagasaki University Hospital
    • 猪狩 成彦 IKARI Naruhiko
    • 長崎大学医学部・歯学部附属病院第一内科 First Department of Internal Medicine, Nagasaki University Hospital
    • 田浦 直太 TAURA Naota
    • 長崎大学医学部・歯学部附属病院第一内科 First Department of Internal Medicine, Nagasaki University Hospital
    • 中尾 一彦 NAKAO Kazuhiko
    • 長崎大学医学部・歯学部附属病院第一内科 First Department of Internal Medicine, Nagasaki University Hospital
    • 江口 勝美 EGUCHI Katsumi
    • 長崎大学医学部・歯学部附属病院第一内科 First Department of Internal Medicine, Nagasaki University Hospital

抄録

肝炎後再生不良性貧血の2例を経験した.症例1は35歳男性,2003年4月中旬より全身倦怠感出現し,4月20日にT-Bil 6.2mg/d<i>l</i>, AST 1900IU/L, ALT 3020IU/Lと肝機能異常を認めPT 68%と低下していた.A∼E型の肝炎ウイルスは陰性で各種自己抗体陰性,薬剤の関与も否定的であった.徐々に肝機能は正常化したが,同年7月14日にWBC 3000/mm<sup>3</sup>, Plt 7.4万/mm<sup>3</sup>と2系統の血球減少が出現し,7月25日に再入院となった.骨髄は低形成性を呈しCD4/CD8比は0.207と低下していた.症例2は26歳男性,2003年6月下旬より全身倦怠感出現し,7月1日にT-Bil 13.2mg/d<i>l</i>, AST 1748IU/L, ALT 2924IU/Lと肝機能異常を認めPT 62%と低下していた.各種ウィルスマーカーは陰性で肝炎の原因は不明であった.徐々に肝機能異常は改善したが,7月中旬より血球減少が出現した.骨髄は低形成性でありCD4/CD8比は0.335と低下していた.2症例とも免疫抑制剤等の治療により汎血球減少は改善した.若年者の原因不明の肝炎後に再生不良性貧血を合併する事があり注意が必要と思われた.<br>

We experienced two cases of hepatitis-associated aplastic anemia. First case was a 35-years-old man who has developed cryptogenic hepatitis in April 2003. Although his liver function was normalized in July, pancytopenia began to develop gradually. Second case was a 26-years-old man who has developed cryptogenic hepatitis in June 2003. After admission, his liver dysfunction was gradually improved. However, two weeks later, pancytopenia was suddenly appeared. Both cases were diagnosed as hepatitis-associated aplastic anemia on the basis of liver dysfunction, pancytopenia and hypocellular bone marrow. Immunosuppressive therapy was effective for pancytepenia in both cases. We should pay attention to aplastic anemia associated with cryptgenic hepatitis especially at young age.<br>

収録刊行物

  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA  

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 47(6), 298-303, 2006-06-25 

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018070413
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04514203
  • NDL 記事登録ID
    7950549
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-130
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ