ウルソデオキシコール酸投与中に自己免疫性肝炎が増悪した PBC-AIH overlap 症候群の1例 A case of PBC-AIH overlap syndrome deteriorated autoimmune hepatitis during the administration of ursodeoxycholic acid

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は,54歳女性.平成13年3月よりPBC-AIH overlap症候群の診断のもと外来にてUDCA投与で良好にコントロールされていた.平成16年1月の定期受診時の血液検査にてトランスアミナーゼの上昇を認め,同年1月14日当科入院となった.IgG増加はなかったが,Revised IAHG scoring systemではscore 11となりprobable AIHであり病理所見と併せて,AIHの増悪と診断した.そこでステロイド治療を開始した.その結果トランスアミナーゼは徐々に低下し,現在ステロイドを減量中であるが再燃を認めず外来経過観察中である.HLA-DR4陽性のPBC-AIH overlap症候群の患者はUDCA投与中にも拘わらずAIHが増悪する可能性を考慮する必要がある.<br>

A 54-year-old woman diagnosed as PBC-AIH overlap syndrome had been treated with UDCA. She was admitted to our hospital due to acute exacerbation of serum transaminase levels on January, 2004. Serum IgG level was normal, but liver biopsy showed worsened AIH. Human leukocyte antigen (HLA) DR4 was positive. According to the IAHG scoring system, her score was 11 points, indicating probable AIH. The serum transaminase levels effectively decreased after administration of corticosteroid. It is suggested that HLA DR4-positive patients with PBC-AIH overlap syndrome may develop worsened AIH during UDCA treatment.<br>

収録刊行物

  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA  

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 47(6), 304-309, 2006-06-25 

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018070434
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04514203
  • NDL 記事登録ID
    7950570
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-130
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ