C型慢性肝炎(セロタイプ2)に対する IFNα-2b/ribavirin 併用療法 : 治療中止症例から学ぶ期間短縮の可能性 Treatment with interferon α-2b and ribavirin in patient with serotype 2 chronic hepatitis C. Treatment falling off cases sugest shortening of a treatment period

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

セロタイプ2のC型慢性肝炎はセロタイプ1に比しインターフェロン(以下IFN)に対する治療成績が良好であるが,セロタイプにより必要とされる治療期間が異なるかどうかについて検討は充分なされていない.我々は当院でIFNα-2b/ribavirin併用療法を行なったセロタイプ2のC型慢性肝炎患者のなかで,副作用出現などで治療を早期に中断した例について検討した.セロタイプ2では,両剤を20週以内に中止した全例で,ウイルス学的著効が得られていた.その中には5週間の短期間投与例も含まれていた.セロタイプ2で治療開始後早期にウイルス陰性化した症例については,併用療法継続期間を16週間程度に短縮できる可能性があると考えられる.<br>

Patients with HCV serotype 2 have better response to interferon therapy than serotype 1, but the duration of therapy required is still controversial. 103 chronic hepatitis C patients received interferon alfa-2b and ribavirin in our hospital. 17 cases (serotype 1; 9, serotype 2; 8) discontinued the therapy within 20 weeks because of adverse evens. Sustained virological response was obtained in all falling off cases of serotype 2 (8/8), on the other hand, only one case of serotype 1 (1/9). The shortest duration of the therapy for serotype 2 was only 5weeks. We suggest that combination therapy with interferon alfa-2b and ribavirin for serotype 2 could be shortened to 16 weeks.<br>

収録刊行物

  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA  

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 47(5), 240-244, 2006-05-25 

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018070526
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04514203
  • NDL 記事登録ID
    7932110
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-130
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ