シクロスポリンの長期投与が奏効し, 肝線維化の著明改善が得られた自己免疫性肝炎の1例 A case of autoimmune hepatitis with severe liver fibrosis who was effectively treated with long-term administration of cyclosporin, leading to marked improvement of liver fibrosis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は61歳,女性.前医にて自己免疫性肝炎と診断され,プレドニゾロン,ウルソデオキシコール酸併用療法を施行されていたが,プレドニゾロンの漸減に伴い,肝障害の増悪を繰り返し,当科紹介となった.プレドニゾロン,ウルソデオキシコール酸に加えてシクロスポリンの投与を開始したところ,速やかに肝障害は改善した.また肝線維化は当初肝硬変に相当するものであったが,シクロスポリン開始3年半後の生検所見において線維化の改善が認められ,さらに開始約6年半後における線維化はF2相当にまで改善した.経過中一過性に肝障害の増悪を認めたものの,シクロスポリン開始7年半後の現在,特記すべき合併症なく,肝機能正常にて経過している.<br>

Summary: A 61-year old woman, who was diagnosed as autoimmune hepatitis with severe liver fibrosis had been treated with prednisolone and ursodeoxycholic acid, was referred to our hospital due to repeated aggravation. After administration of cyclosporin, serum aminotransferase was normalized. Liver fibrosis, which was corresponded to cirrhosis at first, was significantly improved 3.5 years after cyclosporin treatment, followed by further improvement to F2 after 6.5 years. Now, she remains stable clinical presentation by continuing therapy with cyclosporin for over 7.5 years.<br>

収録刊行物

  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA  

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 47(5), 245-251, 2006-05-25 

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018070531
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04514203
  • NDL 記事登録ID
    7932129
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-130
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ