食生活と大腸癌 Dietary habit and colon cancer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大腸癌の発生において環境因子,とりわけ食生活は非常に重要な役割を果たしている。日本における食生活の変化は、油脂類·動物性食品の摂取増加と穀類の摂取減少が特徴である。食生活の欧米化にともない、大腸癌の罹患率、死亡率は顕著に増加している。肥満や肉類,アルコール,脂肪摂取,食物繊維,ビタミン·ミネラルなどさまざまな因子が大腸癌の発生や進展に関与しているとされている。しかし疫学的研究において一定の見解が得られないものや動物実験などでの結果との乖離などの問題がある。将来増加が予想される大腸癌において一次予防は非常に重要な課題であり,食生活との関連の検討は必須である。<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 103(5), 508-514, 2006-05-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  69件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018072232
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ