日本の都市病院の生検例における非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の頻度と血清フェリチン測定の有用性について Prevalence of non-alcoholic steatohepatitis (NASH) among biopsied cases of a urban hospital in Japan : significance of measurement of serum ferritin in the detection of NASH

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

平成元年より平成16年末までの間に当院で施行された肝生検例は475例で,生検により診断された非アルコール性脂肪肝は35例であった.その内で18例が非アルコール性脂肪性肝炎と診断された.最後の3年間は超音波診断と血清フェリチン値が高値(>300ng/mL)を基準にNASHを疑い生検を施行した.条件に適合した7例は全例がNASHであった.これらの7例においては,減量にともないALT値が著明に改善したが,血清フェリチン値もALTに平行して低下した.血清フェリチンの測定はNASHの検出に有用であるが,血清フェリチンが正常でもNASHは否定できない.<br>

From April 1989 to December 2004, we performed liver biopsy on 475 patients and obtained biopsy proven 35 cases of non-alcoholic fatty liver. Among them, 18 cases were diagnosed as non-alcoholic steatohepatitis (NASH). During the last three years, we have tried to detect NASH using ultrasonography and elevated value of serum ferritin (>300ng/m<i>l</i>). All of the eligible 7 cases biopsied during the course were diagnosed as NASH. In these 7 cases, ALT levels improved after the body weight loss accompanied by the parallel decrease of serum ferritin levels. Measurement of serum ferritin is useful in the detection of NASH but the normal value of ferritin cannot rule out the possibility of NASH.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 103(5), 515-522, 2006-05-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018072302
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ