放射線誘発直腸癌の1例 A case of radiation-induced rectal cancer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 成井 一隆 NARUI Kazutaka
    • 横浜市立大学附属市民総合医療センター消化器病センター Gastroenterological Center, Yokohama City University Medical Center
    • 池 秀之 IKE Hideyuki
    • 横浜市立大学附属市民総合医療センター消化器病センター Gastroenterological Center, Yokohama City University Medical Center
    • 藤井 正一 FUJII Shoichi
    • 横浜市立大学附属市民総合医療センター消化器病センター Gastroenterological Center, Yokohama City University Medical Center
    • 野尻 和典 NOJIRI Kazunori
    • 横浜市立大学附属市民総合医療センター消化器病センター Gastroenterological Center, Yokohama City University Medical Center
    • 辰巳 健志 TATSUMI Kenji
    • 横浜市立大学附属市民総合医療センター消化器病センター Gastroenterological Center, Yokohama City University Medical Center
    • 山岸 茂 YAMAGISHI Shigeru
    • 横浜市立大学附属市民総合医療センター消化器病センター Gastroenterological Center, Yokohama City University Medical Center
    • 齋藤 修治 SAITO Shuji
    • 横浜市立大学附属市民総合医療センター消化器病センター Gastroenterological Center, Yokohama City University Medical Center
    • 国崎 主税 KUNISAKI Chikara
    • 横浜市立大学附属市民総合医療センター消化器病センター Gastroenterological Center, Yokohama City University Medical Center
    • 今田 敏夫 IMADA Toshio
    • 横浜市立大学附属市民総合医療センター消化器病センター Gastroenterological Center, Yokohama City University Medical Center
    • 野澤 昭典 NOZAWA Akinori
    • 横浜市立大学附属市民総合医療センター病理部 Department of Surgical Pathology, Yokohama City University Medical Center
    • 大木 繁男 OHKI Shigeo
    • 横浜市立大学大学院医学研究科消化器病態外科学 Department of Gastroenterological Surgery, Graduate School of Medicine, Yokohama City University
    • 大田 貢由 OTA Mitsuyoshi
    • 横浜市立大学大学院医学研究科消化器病態外科学 Department of Gastroenterological Surgery, Graduate School of Medicine, Yokohama City University
    • 市川 靖史 ICHIKAWA Yasushi
    • 横浜市立大学大学院医学研究科消化器病態外科学 Department of Gastroenterological Surgery, Graduate School of Medicine, Yokohama City University
    • 嶋田 紘 SHIMADA Hiroshi
    • 横浜市立大学大学院医学研究科消化器病態外科学 Department of Gastroenterological Surgery, Graduate School of Medicine, Yokohama City University

抄録

症例は73歳,女性.42歳時に子宮頸癌術後に放射線療法を受けた.72歳時の2004年1月下部消化管内視鏡で直腸Rsにcontact bleedingをともなう発赤を認めた.生検では高度異型をともなうadenomaと診断され経過観察としていたが,2004年12月同部に潰瘍性病変を認め,生検で中分化腺癌であったため,2005年1月直腸切除術を施行した.組織学的には腫瘍はss, n(-)であり,腫瘍中心部の中分化腺癌の周囲や放射線照射範囲内の非癌部にdysplasiaを認めた.放射線腸炎にともなうdysplasiaが放射線誘発大腸癌の発生に関与したと思われた1例を経験したので,文献的考察を加えて報告する.<br>

We report a case of radiation-induced rectal cancer, which is thought to originate from dysplasia due to radiation colitis.<br> The patient is a 73 year-old woman, who underwent radical hysterectomy and radiotherapy for uterine cervical cancer 31 years ago. She visited to our hospital complaining of hematochezia. Colonoscopy in January 2004 disclosed redness of the rectal mucosa accompanied with contact bleeding and pathological study of the biopsy specimen revealed severe dysplasia. However, colonoscopy showed an ulcerative lesion of the rectum in December 2004, and pathological findings of the biopsy specimen disclosed moderately differentiated adenocarcinoma. She underwent a rectal resection in January 2005. Pathological study of resected specimen revealed fibrous change induced by radiation. Predominant histological type of the tumor was moderately differentiated carcinoma followed by well differentiated type. However, multiple dysplasias were found around the main tumor or in the mucosa which was treated with radiotherapy.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 103(5), 551-557, 2006-05-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018072388
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ