筑波山斜面における降水の安定同位体比時空間分布形成プロセス Formation Process of Spatial and Temporal Distribution of Stable Isotopic Composition in Precipitation over The Slope of Mt. Tsukuba

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 辻村 真貴 TSUJIMURA Maki
    • 筑波大学大学院生命環境科学研究科 Graduate School of Life and Environmental Sciences, University of Tsukuba
    • 植田 宏昭 UEDA Hiroaki
    • 筑波大学大学院生命環境科学研究科 Graduate School of Life and Environmental Sciences, University of Tsukuba

抄録

山地斜面における降水の安定同位体比時空間分布の形成過程を解明するため,茨城県筑波山の南側斜面4 地点において,2004年8月から12月にかけて降水を高い時間分解能で採取,分析した.解析した5つの降雨イベントにおいて,酸素安定同位体比高度効果は,-0.33~-0.10 ‰/100m(平均-0.18 ‰/100m)であった.筑波山における高度効果は,卓越風向にかかわらずみられることから,Rayleigh のモデルのみからその成因を説明することは難しいと考えられる.また観測された降水の安定同位体比から,凝結前の水蒸気のそれを推定したところ,同様に高度効果がみられた.このことから,雲内の水蒸気の安定同位体比において高度効果が生じている可能性が示唆される.降水の安定同位体高度効果は,降雨イベント開始時に顕著であり,降雨ピークに近づくに伴い効果が不明瞭になる傾向が認められ,降雨ピーク以後再び明瞭になるという時間変動を示した.この変動は,雨滴凝結時に生じる潜熱がもたらす雲内の上昇気流の強弱によって説明できると考えられる.降雨ピーク時に大量の雨滴が凝結することにより,卓越した上昇気流が雲内に生じ,鉛直方向の同位体傾度が低下することが,高度効果の時間変動要因になっていると考えられる.

In order to investigate the spatial and temporal variation of stable isotopic composition in precipitation on the mountain slope, rain water samples were collected with high temporal resolution at four different altitudes on a southern slope of Mt.Tsukuba, Ibaraki Prefecture, from August through December, 2004. <BR>The altitude effect of the observed rainfall events ranged from -0.33 to -0.10 ‰/100 m. Because the altitude effect was observed in every rainfall event regardless of dominant wind directions, the only Rayleigh model cannot explain the altitude effect in this study area. The altitude effect was also clear in the δ<sup><font size="1">18</font></sup>O profile of water vapor before condensation estimated by the Rayleigh model. <BR>The altitude effect showed the temporal change that the effect is clear at the onset of the rainfall event, and gradually becomes unclear around the rainfall peak, then it becomes clear again after the rainfall peak. <BR>The temporal change might proceed by the temporal change of ascending current in the cloud caused by the latent heat's of the rain drop coagulation. It is possible that a superior ascending current would be caused by a large amount of drop coagulating in the cloud during the rainfall peak, consequently an ascending current might decrease isotopic gradient in the atmospheric water vapor, and altitude effect gets weakened.

収録刊行物

  • 水文・水資源学会誌 = JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY & WATER RESOURCES  

    水文・水資源学会誌 = JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY & WATER RESOURCES 19(5), 383-391, 2006-09-05 

    THE JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY AND WATER RESOURCES

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018074424
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10088049
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09151389
  • NDL 記事登録ID
    8092135
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-619
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ