阿蘇外輪山北麓杖立川上流域の河川水質の特徴について Characteristics of Water Quality in the Upper Reaches of Tsuetate-river in the Northern Slope of Aso-somma

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松山 洋 MATSUYAMA Hiroshi
    • 首都大学東京都市環境学部地理学教室 Faculty of Urban Environmental Sciences, Tokyo Metropolitan University Department of Geography
    • 八木 克敏 YAGI Katsutoshi
    • 日本貨物鉄道株式会社九州支社福岡総合鉄道部 Kyushu Branch, Japan Freight Railway Company Fukuoka Freight Terminal Station

抄録

阿蘇谷西部の難透水層は地下200 m付近にあり,これが阿蘇谷から阿蘇外輪山北麓にかけて低下していると考えられている.さらに,阿蘇谷西部の地下水や河川水がSO<font size="1">4</font></sub><sup><font size="1">2-</font></sup>に富んでいることを考慮すると,阿蘇外輪山北麓のどこかで SO<font size="1">4</font></sub><sup><font size="1">2-</font></sup>に富んでいる水が湧出している可能性がある.河川水質は集水域の湧水の水質を反映するので,本研究では阿蘇外輪山北麓を流れる杖立川上流域の河川水について,河川が合流する手前の本流側と支流側で水質調査を行なった.本稿ではその結果について示し,これに基づく考察を行なった.<BR>杖立川上流域東部を流れる田の原川や志賀瀬川では,Na<sup><font size="1">+</font></sup>やCl<sup><font size="1">-</font></sup>に富んだ河川水がみられ,これらは河川上流部にある温泉の影響を受けている.また,杖立川上流域西部を流れる湯田川ではSO<font size="1">4</font></sub><sup><font size="1">2-</font></sup> に富んだ河川水がみられ,これは湯田温泉から供給されている.SO<font size="1">4</font></sub><sup><font size="1">2-</font></sup>に富むという意味で,湯田温泉と阿蘇谷の地下水や河川水は共通しているが,湯田温泉のSiO<sub><font size="1">2</font></sub>濃度は阿蘇谷の地下水や河川水のSiO<sub><font size="1">2</font></sub>濃度よりも小さい.このことから,湯田温泉のSO<font size="1">4</font></sub><sup><font size="1">2-</font></sup>に富んだ水は阿蘇谷起源であるとは言えない.

In the western part of Aso-valley, the unpermeable layer is located about 200 m below the ground which is supposed to decline from Aso-valley to the northern slope of Aso-somma. Considering that much SO<font size="1">4</font></sub><sup><font size="1">2-</font></sup> is contained in the groundwater and rivers in the western part of Aso-valley, it is possible that much SO<font size="1">4</font></sub><sup><font size="1">2-</font></sup>will be also found in some springs in the northern slope of Aso-somma. Since the water qualities of a river represent those of springs in the watershed, the authors investigated the water qualities of the upper reach of Tsuetate-river, running in the northern slope of Aso-somma, by taking into account the confluence of the branches. The results and some discussions were presented in this study.

収録刊行物

  • 水文・水資源学会誌 = JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY & WATER RESOURCES  

    水文・水資源学会誌 = JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY & WATER RESOURCES 19(5), 392-400, 2006-09-05 

    THE JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY AND WATER RESOURCES

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018074447
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10088049
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09151389
  • NDL 記事登録ID
    8092157
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-619
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ