窒素安定同位体比による富栄養化診断 Estimation of River Eutrophication by Using Nitrogen Isotope Ratios

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

これからの富栄養化診断は単に富栄養化の程度を評価することだけではなく,富栄養化によって食物網構造や物質循環がどのように変化したかや今後どのように変化するかを予測し,その対策を模索することが重要になる.安定同位体自然存在比測定法はそうした解析に最も適した分析手法のひとつであることを,その特質を説明しながら紹介した.硝酸塩や植物体,一次消費者の窒素安定同位体比は,集水域に占める宅地や水田といった人為的土地利用の割合が増すに従って上昇する.このことは,高い同位体比の排水が河川に流入することが主たる理由であるが,脱窒やアンモニア揮散の影響も受ける.食物網構造から物質循環まで幅広く応用可能な安定同位体比は水文学と生態学の融合に必要な研究手法となるはずである.

The past hydrological study about water pollution had been focused on the detection of pollution source and/or the estimation of the pollution level. However, much more detail information about the foodweb structures and the matter flows are required to restore the polluted sites appropriately. Stable isotope analysis seems to be most useful for the monitoring of eutrophication and foodweb structures. Nitrogen isotope ratios of nitrate, plant and primary consumers increased in the aquatic systems with large anthropogenic impacts. This was due to the input of anthropogenic nitrogen with high nitrogen isotope ratios and/or the enhanced denitrification and ammonia volatilization. Stable isotope analysis that could be applicable from foodweb structures to nutrient cycling should become one of the most important research tools that can integrate the hydrology and ecology.

収録刊行物

  • 水文・水資源学会誌 = JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY & WATER RESOURCES  

    水文・水資源学会誌 = JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY & WATER RESOURCES 19(5), 413-419, 2006-09-05 

    THE JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY AND WATER RESOURCES

参考文献:  38件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018074551
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10088049
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09151389
  • NDL 記事登録ID
    8092185
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-619
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ