京都メカニズムの運用による開放池での微細藻類による二酸化炭素削減技術の実現可能性 : 日本における可能性評価 Feasibility Assessment of Open-Pond Microalgal CO_2 Mitigation Technology with Implementation of the Kyoto Protocol : A Case Study for Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大野 英一 ONO Eiichi
    • アリゾナ大学農業・バイオシステム工学科 Department of Agricultural and Biosystems Engineering, The University of Arizona
    • Cuello Joel L. CUELLO Joel L.
    • アリゾナ大学農業・バイオシステム工学科 Department of Agricultural and Biosystems Engineering, The University of Arizona

収録刊行物

  • 生物環境調節  

    生物環境調節 42(3), 161-168, 2004-09-30 

    日本生物環境調節研究会

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018078931
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00129558
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05824087
  • NDL 記事登録ID
    7105918
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-52
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ