テクスチャー解析法を用いた転写開始部位周辺配列からのパターン抽出 Pattern Extraction from a Sequence Surrounding a Transcriptional Starting Site Using Texture Analysis : The Utility of Texture Analysis Based on the Gray Level Run Length Matrix

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 村瀬 治比古 MURASE Haruhiko
    • 大阪府立大学大学院農学生命科学研究科 Laboratory of Phytotronics and Sensibility Engineering, Graduate School of Agriculture and Biological Sciences, Osaka Prefecture University
    • 福井 一広 FUKUI Kazuhiro
    • 大阪府立大学大学院農学生命科学研究科 Laboratory of Phytotronics and Sensibility Engineering, Graduate School of Agriculture and Biological Sciences, Osaka Prefecture University

収録刊行物

  • 生物環境調節  

    生物環境調節 42(3), 169-176, 2004-09-30 

    日本生物環境調節研究会

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018078956
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00129558
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05824087
  • NDL 記事登録ID
    7105928
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-52
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ