MRシアログラフィーを用いたシェーグレン症候群の診断 Diagnosis of Sjogren Syndrome using MR Sialography

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大林 尚人 OHBAYASHI Naoto
    • 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科口腔機能再建学講座 口腔放射線医学分野 Oral and Maxillofacial Radiology, Department of Oral Restitution, Oral Health Science, Graduate School of Tokyo Medical and Dental University

抄録

MR sialography (MRS) はheavily T2シーケンスを用いて造影剤を注入することなく唾液腺導管描出でき, SSの診断では, 唾液腺造影の診断基準と同様な診断基準でステージ分類を可能とする。MRS単独では唾液腺造影と同等以上の検出能はないが, axialのT1強調画像と組み合わせることでより正確な診断が非侵襲的に行える。

収録刊行物

  • 歯科放射線  

    歯科放射線 44(1), 43-48, 2004-03-30 

    特定非営利活動法人 日本歯科放射線学会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ