シェーグレン症候群の核医学診断 Salivary gland scintigraphy in patients with Sjogren's syndrome

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 外山 三智雄 TOYAMA Michio
    • 日本歯科大学新潟歯学部歯科放射線学講座 Department of Oral and Maxillofacial Radiology, The Nippon Dental University School of Dentistry at Niigata
    • 土持 眞 TSUCHIMOCHI Makoto
    • 日本歯科大学新潟歯学部歯科放射線学講座 Department of Oral and Maxillofacial Radiology, The Nippon Dental University School of Dentistry at Niigata

抄録

唾液腺シンチグラフィは唾液腺機能を客観的に評価できる方法といえる。様々な症状を呈するシェーグレン症候群において, その唾液腺機能を評価できる有用な手段である。しかしシェーグレン症候群の診断精度としては他の検査方法に多少劣る部分もある。他の検査方法を複合して評価することが必要である。唾液腺シンチグラフィの評価方法として集積状態, 動態曲線パターン, 各種パラメータ解析などの様々なものが用いられている。今後は最も客観性のある評価方法を確立することが重要と思われる。最後に本学における現状を紹介した。

収録刊行物

  • 歯科放射線  

    歯科放射線 44(1), 53-58, 2004-03-30 

    特定非営利活動法人 日本歯科放射線学会

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ