再生医学的アプローチからの新規治療法の開発 : 組換えヒトHGFを用いた傷害粘膜再生・修復療法 Development of an innovative therapy for inflammatory bowel disease using recombinant human hepatocyte growth factor to facilitate intestinal mucosal repair

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 井戸 章雄 IDO Akio
    • 京都大学医学部附属病院探索医療センター探索医療開発部 Department of Experimental Therapeutics, Translational Research Center, Kyoto University Hospital
    • 坪内 博仁 TSUBOUCHI Hirohito
    • 京都大学医学部附属病院探索医療センター探索医療開発部 Department of Experimental Therapeutics, Translational Research Center, Kyoto University Hospital

抄録

炎症性腸疾患には抗炎症に主眼をおいた既存の治療に抵抗する難治例が存在する.近年,消化管粘膜の再生・修復に関わる増殖因子が明らかとなり,傷害粘膜の再生・修復を促進する新規治療法の開発が期待されている.肝細胞増殖因子(HGF)は消化管粘膜の重要な再生・修復因子であり,実験腸炎モデルでは傷害粘膜の再生・修復を促進する.我々は,組換えヒトHGFの臨床応用を目指しているが,難治性で再発を繰り返すとはいえ生命が脅かされることが少ない炎症性腸疾患を対象とする場合には,増殖因子であるHGFの発癌リスクに理解が得られるような正当性,また局所投与を可能とするドラッグデリバリーシステムの開発が必要である.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 102(9), 1139-1145, 2005-09-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  41件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018081175
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ