後天性免疫不全症候群に合併した直腸カポジ肉腫の1例 A Case Report on AIDS with Rectal Kaposi's Sarcoma

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は27歳,男性.平成14年3月28日,発熱を主訴に当院を受診.採血上HIV(human immunodeficiency virus)抗体陽性,およびCD4細胞数の低値を認め,精査目的で入院.入院時便潜血検査陽性のため,下部消化管内視鏡検査を施行し,直腸にカポジ肉腫を認めた.内視鏡的には粘膜下腫瘍様の隆起として認められ,CD4細胞数の改善と共に消失した.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 102(9), 1183-1187, 2005-09-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018081320
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ