スペクトルインヴァージョンによるP波減衰構造 P wave attenuation structure by spectral inversion of seismic waveforms

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 藤原 了 FUJIHARA Satoru
    • 地球シミュレータセンター, 海洋研究開発機構 Earth Simulator Center, Japan Agency of Marine-Earth Science and Technology Center
    • 金 亜伊 KIM Ahyi
    • University of California-Berkeley, Dept. Earth and Planetary Science University of California-Berkeley, Dept. Earth and Planetary Science

抄録

本報告では, 周波数領域インヴァージョンと残差スペクトルによるサイト近傍効果推定スキームを組み合わせた減衰トモグラフィーのアプローチを紹介する。小規模データセットによるテストケーススタディとして, 減衰トモグラフィスキームを日本列島に適応し, 地下の3次元減衰構造を推定する。解析の結果, Qp<sup>-1</sup>分布は日本列島直下において非常に空間変化 (2-3度の角距離程度) に富んでいる事が示された。このような地下構造の不均質は, 日本列島直下のテクトニクスと関連していると考えられる。

We introduce the 3-D attenuation tomographic approach that combines the frequency-domain inversions scheme consisting of a set of sub-inversions and the site effect estimation scheme based on the residual spectra. We apply it to data observed at the Japanese Islands to estimate three-dimensional P wave attenuation structure beneath the Japanese islands. The results show that the Qp<sup>-1</sup> distribution is highly variable over the entire Japanese Islands, with the spatial wavelength of 2-3 degrees. This heterogeneous material property of the underground structure may be related to a tectonic state beneath the Japanese Islands.

収録刊行物

  • 物理探査 = BUTSURI-TANSA Geophysical Exploration  

    物理探査 = BUTSURI-TANSA Geophysical Exploration 58(6), 617-629, 2005-12-01 

    The Society of Exploration Geophysicists of Japan

参考文献:  50件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018082370
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10028069
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09127984
  • NDL 記事登録ID
    7915799
  • NDL 雑誌分類
    ZM41(科学技術--地球科学)
  • NDL 請求記号
    Z15-66
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ