特発性髄液鼻漏の一例 : 髄液漏出部位の検出について A Case of Spontaneous CSF Rhinorrhea : with Special Reference to the Method Used to Detect the Fistulous Opening

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • CI研究 : progress in computed imaging  

    CI研究 : progress in computed imaging 27(2), 105-108, 2005-06-30 

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018086674
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10394318
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09187073
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ