アルツハイマー病やパーキンソン病において微小管動態は主役たり得るか? Microtubule dynamics can be central in Parkinson's disease as well as in Alzheimer's disease

この論文をさがす

著者

    • UEDA Kenji
    • 東京都精神医学総合研究所神経可塑性研究部門 Department of Neural Plasticity, Tokyo Institute of Psychiatry

収録刊行物

  • Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society  

    Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society 4(2), 17-19, 2004-06-01 

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018089229
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12099656
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    13463500
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ