アスベスト廃棄物対策の動向について Management of Asbestos-containing Wastes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 秦 康之 HATA Yasuyuki
    • 環境省 廃棄物・リサイクル対策部 Waste Management and Recycling Department, Ministry of the Environment

抄録

アスベスト廃棄物の処理については, 従前より飛散性アスベスト廃棄物を特別管理産業廃棄物に位置付け, 飛散防止のための規制を行ってきたところである。一方, 非飛散性アスベスト廃棄物についても, 今後大量に発生することが見込まれ, 解体や破砕等によりアスベストが飛散するおそれがある。このため, 飛散防止を図った上での埋立処分に加え, 溶融等により無害化するルートを確立し, 迅速かつ安全な処理を推進していくこととした。アスベストは1, 500度以上の温度で無害化することが知られているが, 溶融状態によってはこれよりも低い温度でも無害化できることを実証試験により確認したため, 個別に無害化の判断を行う環境大臣の認定制度 (無害化処理認定制度) を平成18年に廃棄物処理法改正により創設した。併せて処理基準の改正等所要の政省令を改正した。

In order to conduct proper treatment of asbestos-containing waste materials, the Ministry of the Environment (MOE) has characterized flying asbestos as specially controlled industrial wastes, and has implemented regulations for the prevention of asbestos dispersion. Furthermore, since it is expected that non-scattering type asbestos-containing wastes will be found in large quantities from the dismantling of buildings or crushing of wastes, MOE intends to establish routes for the detoxification of asbestos. These routes would use other methods such as melting, in addition to landfill after treating the waste to prevent dispersion, as a means for promoting quick, safe treatments for dealing with asbestos. In particular, MOE has set up the Minister's Certification System, which individually judges detoxification treatment methods for asbestos according to the 2006 Revision of Waste Management and Public Cleansing Law (hereafter referred to as "the Law"), This revision came about in response to verification tests confirming that asbestos can be detoxified at temperatures below 1, 500°C under certain conditions of melting. In addition, MOE has promulgated amendments to the orders and regulations of the Law.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH  

    廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH 17(5), 255-262, 2006-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018107305
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    8519890
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ