一般廃棄物処理施設における石綿飛散の現状等 Evaluation of Asbestos Fibers Release from MSW Treatment Facilities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 永塚 栄登 NAGATSUKA Hideto
    • (財)日本環境衛生センター東日本支局 環境工学部 特定プロジェクト推進課 Japan Environmental Sanitation Center East Japan Blanch, Depts. Environmental Engineering
    • 河邊 安男 KAWABE Yasuo
    • (財)日本環境衛生センター東日本支局 環境工学部 特定プロジェクト推進課 Japan Environmental Sanitation Center East Japan Blanch, Depts. Environmental Engineering
    • 藤吉 秀昭 FUJIYOSHI Hideaki
    • (財)日本環境衛生センター東日本支局 環境工学部 特定プロジェクト推進課 Japan Environmental Sanitation Center East Japan Blanch, Depts. Environmental Engineering

抄録

一般廃棄物処理施設 (粗大ごみ処理施設・焼却施設) および収集車において, 石綿含有廃棄物が混入した場合, それが容易に大気中に飛散しないとされる非飛散性石綿廃棄物であっても, 処理・運搬等のプロセスで石綿飛散の可能性は否めない。本調査では, 一般廃棄物処理施設等において, 石綿含有廃棄物を混入させ, 処理または積み込み作業を行ったときと通常処理時の石綿飛散の状況を把握し, 現行の処理方法の検証を行った。その結果, 一般廃棄物処理施設等に石綿含有廃棄物が混入した場合についても, 現行の処理方法にて適正な運転管理 (局所吸気設備による吸気およびバグフィルタによる除じん等) を行うことにより, 石綿を飛散させることなく処理ができるという結果が得られた。なお, 評価の参考値以下ではあるが一部石綿が検出された検体もあるたあ, 一層の飛散抑制および暴露防止に向けての措置を講じることが適切である。

The possibility for release and scattering of asbestos fibers rises when waste-containing asbestos is treated at MSW Treatment Facilities (bulk waste crushing and incineration facilities) and when it is moved about on waste collection vehicles. Even when measures have been taken so that wastes cannot easily be released, the tendency for asbestos fibers to be dispersed is great.<BR>Investigations were conducted to reveal the level of asbestos fiber being released and scattered from MSW treatment facilities and from collection vehicles. Two cases were studied. In one case, asbestos-containing wastes were added to general waste and in the other, asbestos-containing wastes were not added.<BR>Measurement results of asbestos fiber concentration at all sampling points (effluent gas and air extractor, and so on) were lower than the reference criteria. These results show that the level of asbestos fibers being dispersed does not rise according to how asbestos-containing waste has been treated.<BR>Present treatment methods are effective in preventing the release of asbestos fibers from the facilities through appropriate countermeasures such as removal of particles by a ventilator, bagfilter or some other device.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH  

    廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH 17(5), 271-279, 2006-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018107320
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    8519932
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ