セメント焼成を模擬した流動焼成炉でのアスベスト分解に要する温度・滞留時間探索 A Study on the Temperature and Residence Time Needed to Resolve Asbestos Using a Simulated Cement-Burning Kiln

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大和田 彰 OWADA Akira
    • (株)エーアンドエーマテリアル 技術開発研究所 A & A Material Corporation Technical Development Laboratory
    • 岩永 朋来 IWANAGA Tomoki
    • (株)エーアンドエーマテリアル 技術開発研究所 A & A Material Corporation Technical Development Laboratory

抄録

アスベスト含有建材廃棄物中のアスベストの分解条件の探索を目的として, セメントロータリーキルン内での焼成によるアスベストの非アスベスト化について検討を行った。その方法としてはサスペンションプレヒーターを模擬した流動焼成炉実験設備を使い, 実機窯尻投入時にサスペンションプレヒーター内上昇気流中に一部飛散する恐れのあるアスベスト繊維を非アスベスト化できる温度と時間条件について検証した。アスベスト含有建材廃棄物粉砕品を一定の割合で炉内に投入した結果, 炉内温度900℃で炉内滞留時間が約0.8秒での排ガス中のアスベスト濃度は30~80f/L, 950℃の場合は15~33f/Lとなり, 1, 000℃以上でほぼ定量下限レベルとなった。また, 各種アスベスト単体を電気炉にて瞬間加熱した場合, クリソタイルは700℃から, クロシドライトおよびアモサイトは950℃から一部非アスベスト化が開始されることが確認された。

Research was conducted on how to change asbestos into a non-asbestos substance and/or into cement through a burning process in a cement rotary kiln. Urgent research is necessary for resolving the problem of how to deal with asbestos remnants found in waste from construction materials. As our research method, we tested and verified temperature and time conditions regarding how asbestos fiber remnants which may be dispersed into the vertical updraft of a suspension preheater when thrown into the kiln from the lower inlet, could be changed into a non-asbestos substance. Experimental fluidized-bed kiln equipment that imitates a suspension preheater was used.<BR>The density of asbestos in exhaust gas, with 0.8 seconds of residence time in a furnace of 900°C, became 30-80 f/L, when asbestos-containing waste from construction materials was thrown into the furnace at a fixed rate. With the same residence time as above and a furnace temperature of 950°C, it decreased to 15-33 f/L and almost became quantitative lower limit with an in-furnace temperature of 1, 000°C or more. In cases where Chrysotile, Crocidolite and/or Amosite were instantly heated up in an electric furnace, Chrysotile began changing into a non-asbestos substance at 700°C upward, and a portion of Crocidolite and Amosite began changing into a non-asbestos substance at 950°C and higher.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH  

    廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH 17(5), 280-289, 2006-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  1件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018107334
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    8519959
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ