ハンディタイプオープンパス型計測器による大気環境中メタン計測手法の廃棄物最終処分場への適用 Applicability of a Monitoring Method for Methane in the Ambient Air at Landfill Sites Using a Portable Open-path Analyzer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 谷川 昇 TANIKAWA Noboru
    • 北海道大学大学院工学研究科 Laboratory of Sound Material-Cycle Systems Planning, Graduate School of Engineering, Hokkaido University
    • 古市 徹 FURUICHI Toru
    • 北海道大学大学院工学研究科 Laboratory of Sound Material-Cycle Systems Planning, Graduate School of Engineering, Hokkaido University
    • 石井 一英 [他] ISHII Kazuei
    • 北海道大学大学院工学研究科 Laboratory of Sound Material-Cycle Systems Planning, Graduate School of Engineering, Hokkaido University
    • 松尾 晃治 MATSUO Koji
    • 北海道大学大学院工学研究科 Laboratory of Sound Material-Cycle Systems Planning, Graduate School of Engineering, Hokkaido University

抄録

市販のハンディタイプオープンパス型都市ガス漏れ検知器 (オープンパス型メタン計測器) と反射板を用いた簡便な大気環境中の平均メタン濃度の計測手法を提案し, その計測手法の測定値の信頼性と実際の最終処分場への適用性を検討した。<BR>オープンパス型メタン計測器を用いたメタン濃度の測定値は, 水素炎イオン化方式炭化水素自動計測器 (FID自動計測器) のメタン濃度の測定値と良い相関関係が認められたこと, オープンパス型メタン計測器と反射板間の距離にほとんど影響されないこと, 再現性も良好であったことから, 提案した計測手法によって, 大気環境中のメタン濃度をFID自動計測器と同程度の精度で計測できることがわかった。さらに, 提案した計測手法は, 実際の最終処分場内において, 平均メタン濃度とその変化を簡便かつ正確に把握でき, 埋立ガスによる作業環境への影響や埋立廃棄物の安定化の進行状況の把握等に活用可能であることを示した。

We have proposed a convenient monitoring method for CH<SUB>4</SUB> concentration in ambient air at landfill sites and investigated its reliability and utility. A portable open-path analyzer (POMA), which is sold as a city gas leak tester, was used together with a retroreflector.<BR>A strong correlation was found between the CH<SUB>4</SUB> concentrations measured using the POMA and those indicated using a flame ionization detector hydrocarbon analyzer (FID) . The values of CH<SUB>4</SUB> obtained from the POMA are not dependent on the distance between the instrument and the retroreflector and show good repetition of results. The reliability of the proposed monitoring method is similar to that provided by the FID. The proposed method is a convenient and practical means of monitoring the change of average CH<SUB>4</SUB> concentration in ambient landfill site air. Using it, we determined the influence of landfill gas on working conditions, in addition to the degree of landfill stabilization.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts  

    廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts 17(5), 305-312, 2006-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018107367
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    8520017
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ