家庭系容器包装プラスチックごみの収集と運搬に関する評価モデル Model for Evaluation Sorted Collection and Transportation of Household Plastic Packaging

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

家庭から排出されるプラスチック製容器包装の分別収集, 中間処理, 再商品化事業者への輸送について, CO<SUB>2</SUB>排出量と費用を市町村の世帯密度と面積の組み合わせで求めるモデルを作成した。収集モデルはグリッドシティーモデルの考え方を基に, 収集ブロックの地理的分布を考慮可能な形に変更したものであり, これに中間処理としての圧縮梱包と, 再商品化工場までの輸送を考慮するモデルを追加した。結果は, 世帯密度が大きいほど, また収集面積が小さいほど, 収集に伴うごみ重量あたりのCO<SUB>2</SUB>排出原単位および費用原単位が小さくなることを示した。また, 収集回数に変化がなければ, 可燃ごみとして混合収集する場合と, 分別収集する場合とで, CO<SUB>2</SUB>排出原単位および費用原単位に大きな差はなかった。圧縮梱包と再商品化事業者への片道200kmの輸送を含めても, CO<SUB>2</SUB>排出量はプラスチック製容器包装のもつ炭素量の5%程度であると予想された。

A model was developed for calculating the cost and amount of CO<SUB>2</SUB> emissions in the collection and transport involved in the recycling of plastic containers and packaging (except PET bottles) . These municipal solid waste calculations were done according to household density and collection areas. The model considers three specific steps: sorted collection, baling, and transportation to the designated recycling companies. For sorted collection, the Grid City Model was expanded to incorporate geographical distribution of collection blocks (Probability Distribution City Model) .<BR>The PDCM shows that both the unit CO<SUB>2</SUB> emissions and the unit cost decrease with an increase in the household density rate or a decrease in area. The unit CO<SUB>2</SUB> emissions and the unit cost from sorted collections are almost equal, compared to mixed collections, as long as the frequency of collections remains unchanged. Even if an additional transportation of 200 km is assumed in the last step, the total unit CO<SUB>2</SUB> emissions from the three steps is about 5% that of the carbon content for plastic containers and packaging.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts  

    廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts 17(5), 331-341, 2006-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018107436
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    8520079
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ