真空加熱分離法によるPCBを吸着した活性炭からのPCB分離挙動 Separation of PCBs from PCB-adsorbed Activated Carbon Using a Vacuum Thermal Recycling Process

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

真空加熱分離法によるPCBを吸着した活性炭からのPCB分離について, その適用性を検討した。PCBが吸着した活性炭 (151mg/kgおよび101mg/kg) を処理圧力300~600Pa, 処理温度300~600℃, 処理時間1~4時間で処理をした結果, 処理圧力600Pa, 処理温度400℃にて2時間処理することにより, 活性炭中のPCB残留濃度は0.5mg/kg以下まで減少した。これより, PCBを吸着した活性炭からPCBを分離する方法として真空加熱分離法は有効であることが示された。また, 真空加熱分離法によるPCBの分離挙動を検討した結果, 活性炭に残留するPCBの一部の脱塩素化が確認され, 処理温度が高く, また処理時間が長くなるにつれて脱塩素化が進行することが認められた。また, PCBの脱塩素化は, 分離されたPCBの組成においても認められた。

A vacuum thermal recycling (VTR) process was applied to separate PCBs from PCB-adsorbed activated carbon. Maintaining the PCB-adsorbed activated carbon samples (151 mg/kg, 101 mg/kg) at temperatures greater than 400°C at less than 600 Pa for 2 hours, PCBs were separated almost completely, thereby meeting the target value of 0.5 mg/kg. These results indicate good feasibility of treating PCB-adsorbed activated carbon using VTR processing. The homologue pattern of the trace amount of PCBs in the treated activated carbon showed that dechlorination was dependent on temperature and treatment time. The fraction of non/mono-chlorinated biphenyls in the separated PCBs was higher than that in the PCB-adsorbed activated carbon before treatment. Results showed that VTR processes separated PCBs from PCB-adsorbed activated carbon. In addition, they caused dechlorination to change its homologue pattern.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts  

    廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts 17(5), 342-348, 2006-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018107465
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    8520109
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ