溶融スラグの組織と密度の規定因子 Slag Texture and Density Control Factor

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 原 雄 HARA Yu
    • 千葉県環境研究センター Chiba Prefectural Environmental Research Center, Waste and Chemicals Division

抄録

天然骨材の表乾密度 (ないし絶乾密度) が2.5~2.6g/cm<SUP>3</SUP>程度であるのに比べて, 溶融スラグのそれは天然骨材のそれよりも大きい傾向を示す。その原因を探るため, 溶融スラグ (水冷スラグ・空冷スラグ・結晶化スラグ24試料) の密度測定および顕微鏡観察, 化学分析, X線回折分析を行った。分析結果の主なものは以下であった。<BR>1) 溶融スラグの密度を規定する第1因子はFe<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB>含有量であった。2) 溶融スラグの密度を規定する第2因子は, スラグ粒子中に生じた鉱物の晶出であった。3) スラグを非晶質スラグ, 部分結晶化スラグ, 結晶化スラグに分類することにより密度と鉱物の関係を適切に表すことができた。とくに, 晶出した鉱物がGehlenite, Augite, Hematite等のように密度が大きい場合では, 溶融スラグ密度を高ある効果が示された。

The density of molten slag showed a tendency to be higher compared to natural aggregate (about 2.5-2.6 g/cm<SUP>3</SUP>) . We carried out density measurements, polarized microscope observations, chemical analysis and X-ray diffraction analysis to identify the factors that determine molten slag density.<BR>We obtained the following results.<BR>1) The first factor that affects molten slag density is Fe<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> content.<BR>2) The second factor that affects molten slag density is the minerals that crystallize in the slag.<BR>3) Density and minerals relations can be expressed adequatelyby classifying slag as non-crystallized slag, partially crystallized slag and crystallized slag.In cases when crystallized minerals such as Gehlenite, Augite and Hematite are in high concentration, the density of the slag is also high.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts  

    廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts 17(5), 349-354, 2006-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018107479
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    8520129
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ