高炉スラグを用いたメカノケミカル法による焼却飛灰の無害化処理およびセメントとしての処理残渣の再資源化可能性評価 Detoxification of Fly Ash by Mechanochemical Treatment with Blast Furnace Slag and the Usability of the Residues as Cement Materials

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

最終処分場の不足により, 都市ごみ焼却残渣の再資源化が急務となっている。本稿では, セメント資源としての焼却飛灰の価値に着目し, 製鉄所から排出される高炉スラグを助剤としてメカノケミカル (MC) 処理を行い, ダイオキシン類の分解挙動および処理後残渣のセメント化物の重金属 (Pb) やアルカリ溶出特性について評価し, 高炉スラグを用いた焼却飛灰の無害化処理・ 再資源化の可能性を検証した。<BR>飛灰中に含まれるダイオキシン類は初期濃度およそ9ng-TEQ/gであったが, MC処理4時間後には30pg-TEQ/g以下まで分解され, 処理8時間後には検出されなくなった。未処理飛灰からのPb溶出量を基準として, MCセメント固化によるPb不溶化率はほぼ100%となり, MC効果による重金属類の溶出抑制効果の可能性が示された。MC処理後の溶出液のpHは, MCセメント固化によって8~9に抑制されることが明らかとなり, 飛灰はセメント原料として利用できることが示された。

Incineration residues such as fly ash and bottom ash should be recycled for use in a landfill. In recycling fly ash, much attention must be paid to dioxins or heavy metals in the fly ash. In this research, we mechanochemically treat fly ash with blast furnace (BF) slag to use fly ash as a cement resource. Reported here is degradation behavior of dioxins in fly ash caused by mechanochemical (MC) treatment, and the elution property of lead (Pb) and alkali from a cemented solid made of fly ash treated by MC treatment with BF slag and an additive.<BR>The concentration of dioxins in fly ash decreased from 9ng-TEQ/g to 30 pg-TEQ/g by 4 h-MC treatment, and no dioxins was detected after 8 h. The process of MC treatment and cementation completely inhibited Pb elution from fly ash. A possible inhibition mechanism might be that Pb compounds were changed into different forms and stabilized during hydration by the process of treatment. pH in eluate from MC cemented solid was suppressed to 8-9. These results suggested that fly ash treated with BF slag mechanochemically is usable as cement material.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts  

    廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts 17(5), 355-360, 2006-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018107490
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    8520146
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ