EPDMの最近の開発動向について An Introduction of Some Recent Topics on EPDM

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Some recent topics on EPDM are described from a viewpoint of globalization of Automotive manufacturer and environmental preservation. It will be required that EPDM have a good processability to obtain rubber products which have the same performance without any influence by place, machines and operators. And the social upsurge of environmental problems might change a curing system for EPDM.

収録刊行物

  • 日本ゴム協會誌  

    日本ゴム協會誌 79(11), 537-542, 2006-11-15 

    THE SOCIRETY OF RUBBER SCIENCE AND TECHNOLOGYY, JAPAN

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018108759
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189720
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0029022X
  • NDL 記事登録ID
    8575952
  • NDL 雑誌分類
    ZP17(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業--ゴム・プラスチックス)
  • NDL 請求記号
    Z17-125
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ