キャビティーリングダウン分光法による微量物質検出 Detection of Trace Species with Cavity Ring-Down Spectroscopy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 川崎 昌博 KAWASAKI Masahiro
    • 京都大学大学院 工学研究科分子工学専攻 Department of Molecular Engineering, Faculty of Engineering, Kyoto University
    • 江波 進一 ENAMI Shinichi
    • 京都大学大学院 工学研究科分子工学専攻 Department of Molecular Engineering, Faculty of Engineering, Kyoto University

抄録

A new photoabsorption technique for measuring the spectra of trace amounts of species with both high sensitivity and high spectral resolution is described. The method is based on measurement of the time rate of decay of a pulse of light trapped in a high reflectance optical cavity. In this review paper, we present an account of the basic theory, development, and applications of this method to samples in the gas, liquid and solid phases. In addition to a general review, experimental data are presented that demonstrate the simplicity, sensitivity, and generality of this powerful spectroscopic tool.

収録刊行物

  • レーザー研究  

    レーザー研究 34(4), 289-294, 2006-04-15 

    The Laser Society of Japan

参考文献:  43件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018112084
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00255326
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03870200
  • NDL 記事登録ID
    7933740
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-1040
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ