変形性関節症を伴う下顎後退症に対して上下顎移動術を施行した2例 : 手術方針と術後経過について Two Cases of skeletal Class II Malocclusions with Severe Osteoarthrosis of TMJs treated by Orthognathic Surgery

この論文をさがす

著者

    • 大村 進 OMURA SUSUMU
    • 横浜市立大学附属市民総合医療センター歯科・口腔外科・矯正歯科 Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Yokohama City University Medical Center
    • 福山 英治 FUKUYAMA EIJI
    • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科咬合機能矯正学分野 Orthodontic Science, Department of Orofacial Development and Function, Division of Oral Health Sciences, Graduate School, Tokyo Medical and Dental University
    • 尾崎 周作 OZAKI SHUSAKU
    • 横浜市立大学附属市民総合医療センター歯科・口腔外科・矯正歯科 Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Yokohama City University Medical Center
    • 岡本 喜之 OKAMOTO YOSHIYUKI
    • 横浜市立大学附属市民総合医療センター歯科・口腔外科・矯正歯科 Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Yokohama City University Medical Center
    • 太田 信介 OTA SHINSUKE
    • 横浜市立大学附属市民総合医療センター歯科・口腔外科・矯正歯科 Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Yokohama City University Medical Center

収録刊行物

  • 日本顎変形症学会雑誌 = The Japanese journal of jaw deformities  

    日本顎変形症学会雑誌 = The Japanese journal of jaw deformities 16(1), 23-32, 2006-04-15 

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018114461
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10366185
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167048
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ