有機溶媒含有系における Mucor hiemalis 由来リコンビナントエンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼの糖鎖転移活性 The Transglycosylation Activity of the Recombinant Endo-β-N-Acetylglucosaminidase from Mucor hiemalis in Media Containing Organic Solvents

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

我々は <i>Candida boidinii</i> で発現させた糸状菌 <i>Mucor hiemalis</i>由来リコンビナントエンド-β-<i>N</i>-アセチルグルコサミニダーゼ(リコンビナントEndo-M) の有機溶媒含有系における糖鎖転移活性について調べた。糖鎖供与体には鶏卵黄由来の糖ペプチドである二本鎖ジシアロ複合型糖鎖を、糖受容体には<i>p</i>-ニトロフェニル<i>N</i>-アセチル-β-D-グルコサミンを用いた。リコンビナントEndo-Mは30~40% (v/v) のアセトン、ジメチルスルホキシド(DMSO)、メタノールを含有する反応系において十分な糖鎖転移活性を有することがわかった。また、これらの有機溶媒中における本酵素の糖鎖転移活性は、それぞれの有機溶媒によって特徴が見られた。有機溶媒含有系において糖鎖供与体の濃度を種々変えたところ、糖鎖転移生成物の収率が著しく向上することも見出した。次に、この有機溶媒中でのEndo-Mの糖鎖転移反応システムを利用して、<i>N</i>-アシルグルコサミン誘導体や2-<i>O</i>-グリコシル二糖化合物といった水溶性の乏しい化合物を糖受容体に用いた糖鎖転移反応を検討した。その結果、糖鎖転移反応は速やかに進行し、本 Endo-M反応システムが有効であることを明らかにした。

We investigated the transglycosylation activity of the recombinant endo-β-<i>N</i>-acetylglucosaminidase (Endo-M) from <i>Mucor hiemalis</i> expressed in <i>Candida boidinii</i> in media containing organic solvents, using a disialo biantennary complex-type oligosaccharide from the hen egg yolk glycopeptide as the glycosyl donor and <i>p</i>-nitrophenyl <i>N</i>-acetyl-β-D-glucosaminide as the glycosyl acceptor. The recombinant Endo-M had sufficient transglycosylation activity to transfer the oligosaccharide to <i>p</i>NP-GlcNAc in up to 30-40% organic solvents (v/v) such as acetone, dimethyl sulfoxide and methanol. The transglycosylation activity in each organic solvent differed from each other. The investigation of the donor concentrations in the organic solvents revealed that the increase in the concentrations significantly increased the transglycosylation yields. Using the Endo-M transglycosylation system in organic solvents, we successfully demonstrated the transglycosylation reaction to the glycosyl acceptors which were sparingly soluble in water such as artificial <i>N</i>-acylated D-glucosamines and a 2-O-glycosylated disaccharide.

収録刊行物

  • Trends in glycoscience and glycotechnology  

    Trends in glycoscience and glycotechnology 18(99), 63-71, 2006-01-02 

    FCCA(Forum: Carbohydrates Coming of Age)

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018117625
  • NII書誌ID(NCID)
    AA10995236
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09157352
  • NDL 記事登録ID
    7920149
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-1303
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ