薬物応答関連遺伝子の多型とテーラーメード投薬への応用 : イリノテカンの例を中心に The forefront of genome clinical pharmacology. The result that the millennium project brought about. 5. Polymorphism of drug response-related gene and application to tailor-made dosing. Focusing on the case of irinotecan.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 臨床薬理 = JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS  

    臨床薬理 = JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS 37(2), 11S-12S, 2006-03-31 

    The Japanese Society of Clinical Pharmacology and Therapeutics

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018117729
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0025404X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03881601
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ