日本小児歯科学会に所属する女性歯科医師の就業状況と社会的行動 The Status and Awareness of Female Dentists in Japanese Society of Pediatric Dentistry : A Questionnaire Survey

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 近藤 亜子 KONDO Tuguko
    • 朝日大学歯学部口腔構造機能発育学講座小児歯科学分野 Department of Pediatric dentistry, Division of Oral Structure, Function and Development, Asahi University, School of Dentistry
    • 飯沼 光生 IINUMA Mitsuo
    • 朝日大学歯学部口腔構造機能発育学講座小児歯科学分野 Department of Pediatric dentistry, Division of Oral Structure, Function and Development, Asahi University, School of Dentistry
    • 田村 康夫 TAMURA Yasuo
    • 朝日大学歯学部口腔構造機能発育学講座小児歯科学分野 Department of Pediatric dentistry, Division of Oral Structure, Function and Development, Asahi University, School of Dentistry

抄録

女性歯科医師の社会に果たしている役割を捉えるため,日本小児歯科学会会員および中部地区の某大学歯学部卒業生(有効回答数445名,回収率49.4%)を対象に,就業状態および社会的行動をアンケートにより調査した。<BR>その結果,以下のことが明らかになった。<BR>1.ほとんどの者が就労しており,1日8時間以上働く者と以下の者がほぼ同数であった。<BR>2. 70%以上の者が既婚者であった。また子どものいない者が約30%あり,子どものある者では子ども2人が多く,全体の平均では,一人当たり1.5人であった。<BR>3.学会群では約半数の女性会員が歯科医師会に入会していたが,某大学卒業生では半数以下であった。全体では約半数が何らかの役職に就いたことがあったが,自発的ではなく,順番あるいは依頼されて引き受けたものであった。<BR>4.研修については,時間の許す限り参加したいと考えていた。<BR>5.PTAや町内会の役職については,経験したものの割合は低かった。

The purpose of this study is to clarify the status and awareness of female dentists.<BR>A questionnaire survey was conducted in 2003 with 254 female members of the Japanese Society of Pediatric Dentistry (JSPD) and 191 female dentists who had graduated from a dental school (Control).<BR>The following is a summary of our findings:<BR>1. Most female dentists worked at the clinic every day. Half of them worked over 8 hours a day.<BR>2. 70% of them were married. One third of them did not have any children. The average number of the children was 1.5.<BR>3. Half of the JSPD members have joined the Japanese Association of Dentist (JAD). Only one third of the control group have joined JAD. Half of both groups have served on some post of the association. Most had no intention of doing this.<BR>4. Most of the members wanted to participate in lecture or study classes. They cannot do this because of lack of time spare.<BR>5. Most of the members have not volunteered for social works due to time pressure.

収録刊行物

  • 小児歯科学雑誌  

    小児歯科学雑誌 44(1), 31-36, 2006-03-25 

    一般社団法人 日本小児歯科学会

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018118052
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116228
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05831199
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ