Nd-YAGレーザーを用いたレーザー溶接の小児歯科領域の有効性の検討(2) : 弾性係数とビッカース硬さの検討 A Study on Laser Welding an Nd-YAG Laser as The Auxiliary Spring in Pediatric Clinic (2) : Power-Eristic Rate and Vickers Hardness

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 丸山 明華 MARUYAMA Sayaka
    • 日本大学松戸歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric dentistry, Nihon University School of Dentistry at Matsudo
    • 松根 健介 MATSUNE Kensuke
    • 日本大学松戸歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric dentistry, Nihon University School of Dentistry at Matsudo
    • 荒井 清司 ARAI Kiyoshi
    • 日本大学松戸歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric dentistry, Nihon University School of Dentistry at Matsudo
    • 岡本 春憲 OKAMOTO Harunori
    • 日本大学松戸歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric dentistry, Nihon University School of Dentistry at Matsudo
    • 渋谷 功 SHIBUYA Isao
    • 日本大学松戸歯学部生体材料学教室 Department of Dental Materials, Nihon University School of Dentistry at Matsudo
    • 根本 君也 NEMOTO Kimiya
    • 日本大学松戸歯学部生体材料学教室 Department of Dental Materials, Nihon University School of Dentistry at Matsudo
    • 前田 隆秀 MAEDA Takahide
    • 日本大学松戸歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric dentistry, Nihon University School of Dentistry at Matsudo

抄録

小児歯科臨床における補助弾線と主線の接合においてNd-YAGレーザーを用いたレーザー溶接が有効か否かについて,特に弾性係数とビッカース硬さについて検討した。主線として歯科用コバルトクロム合金サンプラチナ®矯正線直径0.7mmを使用し,補助弾線としてステンレススチールワイヤー0.016inchを用いレーザー溶接を行った。レーザー溶接は,Nd-YAGレーザーを用い,ファイバー径400μm(石英,先端加工なし),照射出力900mJ,パルス数を5pps,照射時間を1秒にて行い検討した。その結果,弾性係数においてレーザー溶接は銀鑞着に比較し弾性エネルギーが小さかった。さらに,ビッカース硬さにおいてレーザー溶接では溶接部で低くなったものの補助弾線の変形部分では一定であった。今回の結果より,レーザー溶接は補助弾線と主線の接合において,銀鑞着に比較し接合時のワイヤーの熱変性が少なく持続的に矯正力が働くことが可能であると示唆された。口腔内で溶接操作を行うことができる利便性が明らかになった。

The purpose of this study was to evaluate whether laser welding using an Nd-YAG laser could be used for appliances with an auxiliary spring in pediatric dental clinics. In particular, the elasticity rate and Vickers hardness were examined. A main line and an auxiliary spring were welded using the Nd-YAG laser. The laser welding involved a fiber diameter of 400μm, and a 900 mJ Nd-YAG laser beam, a pulse width of 5 pps and an irradiation time of 1 min. The elastic strain energy for laser welding using the Nd-YAG laser was significantly lower than that of argentums soldering using a flame. In addition, the Vickers hardness was low near the welding area of an auxiliary spring though there was no change in action area of an auxiliary spring. The results of the present study indicated that with laser welding, at the point of joining of the auxiliary spring and the main line, there was less change in the shape of the wire caused by heat when joining in comparison with argentums soldering using a flame, and that it was possible to apply the wire pressure to the teeth continuously.

収録刊行物

  • 小児歯科学雑誌  

    小児歯科学雑誌 44(1), 80-84, 2006-03-25 

    一般社団法人 日本小児歯科学会

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018118205
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116228
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05831199
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ