トランスポーターを利用した臓器選択的DDS Transporter-mediated organ-specific delivery of drugs

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

薬物トランスポーターの詳細で包括的な情報がデータベース化されている. また遺伝子バンクの整備が進み, トランスポーター遺伝子発現系を利用することで, 開発中の化合物のトランスポーターに対する認識性を解析することが可能である. 近年, トランスポーターの発現分布や基質認識特性を考慮したドラッグデザインやプロドラッグ化が注目されている.<br>本稿では, 薬物の体内動態制御に関わるトランスポーターについて例をあげて紹介し, トランスポーターを利用した臓器選択的DDSにおいて考慮すべき諸問題について考察する.

A comprehensive and precise list of drug transporters has become available. Moreover, cDNA clones can be obtained easily through researchers, public resources or commercial providers. To date, substrate preferences and other functional characteristics of transporters can be studied by using <i>in vitro</i> expression systems. All information should be accumulated, integrated and utilized. Efficient organ-specific drug delivery should be feasible by appropriately modifying the chemical structure of drugs.<br>This review article was aimed to introduce recent success in delivery of drugs to target organs via transporters, and to discuss issues that should be considered to establish organ-specific drug delivery system.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 21(2), 111-118, 2006-03-10 

    日本DDS学会

参考文献:  59件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018118798
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ