糖トランスポーターを利用したDDS Drug delivery system utilizing sugar transporter

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 水間 俊 MIZUMA Takashi
    • 東京薬科大学薬学部薬物動態制御学教室 Department of Drug Absorption and Pharmacokinetics, School of Pharmacy, Tokyo University of Pharmacy and Life Science

抄録

糖トランスポーターを利用したDDSについて, これまでの知見をまとめた. 糖トランスポーターを利用した"薬物"のデリバリーの報告例は少ない. 腸管においては, SGLT1を介した各種グリコシドの輸送が報告されている. 糖の種類, 糖と薬物の結合様式によりその動態は異なる. 単糖付加体は, SGLT1を介した新規腸管吸収ルートを通ることの出来るプロドラッグとなるが, 二糖付加体の場合は, さらにプレプロドラッグとして利用できる可能性がある.<br>一方, 各種ペプチドのグルコシドが脳や腎臓へ移行することが報告されているが, 糖トランスポーターの介在性に関する明確なデータはない.

This review summarizes studies on drug delivery system (DDS) utilizing sugar transporter. It has been reported intestinal absorption of various monosaccharide conjugates (glycosides) <i>via</i> Na<sup>+</sup>/glucose cotransporter (SGLT1). Transportability and recognizability of the glycosides by SGLT1 depend on types of sugar, glycoside linkage and aglycone. Therefore, glycosides should be classified by TRN classification for DDS development. Transportability of β-glucoside is the highest among glycosides. Monosaccharide conjugates such as β-glucoside should work as a prodrug, which can be transported by SGLT1. Moreover, disaccharide conjugates have potential as a pre-prodrug.<br>On the other hand, it has not been reported clear evidence for sugar transporter-mediated delivery of glycosides to brain and kidney.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 21(2), 126-133, 2006-03-10 

    日本DDS学会

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018118893
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ