消化管トランスポーターを意識した医薬品開発(1) : Influx transporter Contribution of intestinal transporters to drug absorption and the implications for drug discovery and development (1) : influx transporters

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 奥平 典子 OKUDAIRA Noriko
    • 第一製薬株式会社研究開発本部創剤代謝研究所 Drug Metabolism & Physicochemistry Research Laboratory, R&D Division, Daiichi Pharmaceutical Co., Ltd.

抄録

消化管上皮細胞には栄養物質や薬物を取り込むinflux transporterが発現している. Peptide transporter 1 (PEPT1) のような薬物も基質とするトランスポーターは, 経口吸収性改善の手段として, また, グルコース, コレステロールなど内因性物質のトランスポーターは, 高脂血症や糖尿病治療薬の創薬ターゲットとして魅力的な研究対象である.<br>本稿では, 企業研究の立場からinflux transporterの最近の知見をレビューする.

In addition to nutrients, influx transporters expressed on the apical membrane of intestinal epithelial cells accept various drugs as substrates. For example, peptide transporter 1 (PEPT1) has been found to be one of the most versatile influx transporters with great substrate range. This observation has been exploited successfully as a mechanism for improving oral bioavailability of drugs such as cefixime and aciclovir. Additionally, the sodium-dependent glucose transporter (SGLT) and the apical sodium-dependent bile acid transporter (ASBT) are currently molecular targets for discovery of anti-diabetic and hypolipidemic drugs, respectively.<br>This paper will review research on the intestinal influx transporters with special emphasis on their potential application in drug development.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 21(2), 134-141, 2006-03-10 

    日本DDS学会

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018118918
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ