消化管トランスポーターを意識した医薬品開発(2) : Efflux transporter Contribution of intestinal transporters to drug absorption and the implications for drug discovery and development (2) : efflux transporters

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 奥平 典子 OKUDAIRA Noriko
    • 第一製薬株式会社研究開発本部創剤代謝研究所 Drug Metabolism & Physicochemistry Research Laboratory, R&D Division, Daiichi Pharmaceutical Co., Ltd.

抄録

消化管上皮細胞のmucosal membraneには, 生体が "異物・毒物" と認識する化合物から自身を守るバリアー機能の一つとしてefflux transporterが備わっている. 最近, P-糖蛋白 (P-gp) やbreast cancer resistance protein (BCRP) などのefflux transporterが, 薬物の消化管吸収に与える影響を無視できない事例が報告されるようになった. 企業における経口剤の探索・開発研究においても, 医薬品の吸収率や薬物間相互作用への影響が懸念されるため, 消化管efflux transporterへの取組みの重要性が増している.<br>本稿では, P-糖蛋白を中心に, efflux transporterが薬物の消化管吸収に与える影響や, その見積りかた, さらにはDDS的手法でこれらの影響を克服する試みについて, 筆者らが遭遇した事例の紹介を交えながら, 特に企業研究の視点から考察する.

Drug efflux transporters, such as P-glycoprotein (P-gp) and breast cancer resistance protein (BCRP), are expressed not only in resistant tumor cells, but also in many normal tissues, including the epithelial apical membrane of the intestine. Thus, efflux transporters may play an important role in the barrier function of the intestine against xenobiotic drugs. On the other hand, several researchers have suggested that the influence of P-gp on intestinal absorption of drugs is relatively limited, since the absorption rates of various P-gp substrates after oral administration are quite high in humans. The controversy remains to be resolved.<br>Here, we review the effects of intestinal efflux transporters on drug absorption, and discuss the evaluation and prevention of such effects.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 21(2), 142-152, 2006-03-10 

    日本DDS学会

参考文献:  47件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018118944
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ