限局型侵襲性歯周炎患者に対して歯周組織再生療法を行った1症例 A Case Report of Localized Aggressive Periodontitis Treated with Several Periodontal Regeneration Techniques

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 林 丈一朗 HAYASHI Joichiro
    • 明海大学歯学部 口腔生物再生医工学講座歯周病学分野 Department of Oral Biology and Tissue Engineering, Division of Periodontology, Meikai University School of Dentistry
    • 武田 宏幸 TAKEDA Hiroyuki
    • 明海大学歯学部 口腔生物再生医工学講座歯周病学分野 Department of Oral Biology and Tissue Engineering, Division of Periodontology, Meikai University School of Dentistry
    • 申 基〓 SHIN Kitetsu
    • 明海大学歯学部 口腔生物再生医工学講座歯周病学分野 Department of Oral Biology and Tissue Engineering, Division of Periodontology, Meikai University School of Dentistry

抄録

限局型侵襲性歯周炎は, 全身的には健康であり, プラークや歯石の付着がほとんど見られないにも関わらず, 第一大臼歯および切歯に急速な歯周組織破壊が生じる稀な疾患である。本報は, 限局型侵襲性歯周炎と診断された患者に対して, 種々の歯周組織再生療法を行った症例を報告する。患者は20歳の女性で, 臨床診査およびX線診査によって, 上下顎左右第一大臼歯, 上下顎切歯, および上顎右側第一小臼歯に高度のアタッチメントロスが認められた。multiplex polymerase chain reaction法により, 歯肉縁下細菌叢から<I>Porphyromonas gingivalis</I>, <I>Actinobacillus actinomycetemcomitans</I>, および<I>Tannerella forsythensis</I>が検出された。歯周外科治療として, 自家骨移植, 組織再生誘導 (GTR) 法, エナメルマトリックスデリバティブまたは多血小板血漿 (Platelet-Rich Plasma ; PRP) を併用した自家骨移植を行った。その結果, 術後の歯肉退縮を最小限に抑えた状態で2—4 mmの臨床的アタッチメントゲインが得られ, 歯周組織を再生することができた。術後2年間観察を行っているが経過は良好である。

Localized aggressive periodontitis is a rare condition characterized by rapid periodontal destruction around the first molars and incisors in systemically healthy individuals with little or no accumulation of visible plaque and/or calculus. This report describes a patient diagnosed as having localized aggressive periodontitis treated with several periodontal regeneration techniques. A 20-year-old female presented with clinical and radiographic evidence of severe attachment loss around the first molars, incisors, and right upper first premolar. <I>Porphyromonas gingivalis</I>, <I>Actinobacillus actinomycetemcomitans</I>, and <I>Tannerella forsythensis</I> were detected from the subgingival microflora using the multiplex polymerase chain reaction method. The periodontal surgical procedures consisted of autogenous bone graft alone, guided tissue regeneration technique, and autogenous bone graft combined with enamel matrix derivative or platelet-rich plasma. Those procedures resulted in 2-4 mm of clinical attachment gain with minimal postoperative gingival recession. Two-year follow-up revealed that the destructive lesions were successfully treated.

収録刊行物

  • 日本歯周病学会会誌  

    日本歯周病学会会誌 48(1), 40-49, 2006-03-28 

    JAPANESE SOCIETY OF PERIODONTOLOGY

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018119512
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0019129X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03850110
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ