MD-2の変異によるLPSおよび Taxol に対する応答性の変化 The mutations in the gene for MD-2 that is critical for signaling from LPS and/or Taxol

この論文をさがす

著者

    • 山口 竜亮 YAMAGUCHI Ryusuke
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科歯周疾患病因再生・解析学分野 Division of Periodontology, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
    • 吉村 篤利 YOSHIMURA Atsutoshi
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科歯周疾患病因再生・解析学分野 Division of Periodontology, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
    • SUZUKI Ana Maria M.
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科歯周疾患病因再生・解析学分野 Division of Periodontology, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
    • 福崎 毅 FUKUSAKI Tsuyoshi
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科歯周疾患病因再生・解析学分野 Division of Periodontology, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
    • 金子 高士 KANEKO Takashi
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科歯周疾患病因再生・解析学分野 Division of Periodontology, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
    • 原 宜興 HARA Yoshitaka
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科歯周疾患病因再生・解析学分野 Division of Periodontology, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences

収録刊行物

  • 日本歯周病学会会誌  

    日本歯周病学会会誌 48, 126, 2006-03-31 

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018119610
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0019129X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    03850110
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ