歯周疾患における唾液中催炎性ラクトフェリンポリペプチドの性状およびその産生機構について Biochemical and biological characteristics and production mechanism of inflammatory lactoferrin polypeptide in saliva of periodontal disease

この論文をさがす

著者

    • 小澤 亜紀子 OZAWA Akiko
    • 東北大学大学院歯学研究科歯内歯周治療学分野 Division of Periodontology and Endodontology, Tohoku University Graduate School of Dentistry
    • 小峯 健一 KOMINE Kenichi
    • 東北大学大学院歯学研究科口腔分子制御学分野 Division of Oral Immunology, Tohoku University Graduate School of Dentistry
    • 黒石 智誠 KUROISHI Tomoya
    • 東北大学大学院歯学研究科口腔分子制御学分野 Division of Oral Immunology, Tohoku University Graduate School of Dentistry
    • 南 匠 MINAMI Takumi
    • 東北大学大学院歯学研究科歯内歯周治療学分野 Division of Periodontology and Endodontology, Tohoku University Graduate School of Dentistry
    • 菅原 俊二 SUGAWARA Shunji
    • 東北大学大学院歯学研究科口腔分子制御学分野 Division of Oral Immunology, Tohoku University Graduate School of Dentistry
    • 島内 英俊 SHIMAUCHI Hidetoshi
    • 東北大学大学院歯学研究科歯内歯周治療学分野 Division of Periodontology and Endodontology, Tohoku University Graduate School of Dentistry

収録刊行物

  • 日本歯周病学会会誌  

    日本歯周病学会会誌 48, 191, 2006-03-31 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018119674
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0019129X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    03850110
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ