続発性骨粗鬆症および口唇口蓋裂を有する歯周炎患者に対し歯周・矯正治療を行った一症例 A Case Report of the Periodontitis Patient with Secondary Osteoporosis and Cleft Lip and Palate

この論文をさがす

著者

    • 二宮 雅美 NINOMIYA Masami
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 歯周歯内治療学分野 Department of Periodontology and Endodontology, Institute of Health Biosciences, University of Tokushima Graduate School
    • 永田 俊彦 NAGATA Toshihiko
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 歯周歯内治療学分野 Department of Periodontology and Endodontology, Institute of Health Biosciences, University of Tokushima Graduate School

収録刊行物

  • 日本歯周病学会会誌  

    日本歯周病学会会誌 48, 227, 2006-03-31 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018119707
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0019129X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03850110
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ