1992年から2005年に沖縄県の動物および環境から分離された Salmonella の血清型と薬剤耐性 Serovar-Distribution and Antimicrobial Resistance of Salmonella enterica Isolates from Farm Animals, Wild Animals and their Environment in Okinawa Prefecture between 1992 and 2005

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1992-2005年に沖縄県の56農場で動物および飼育環境から分離したSalmonella 549株の血清型と薬剤感受性を調査した。畜種別では採卵鶏402株、乳牛43株、豚28株、ブロイラー21株、肉用牛5株、烏骨鶏4株、馬1株、山羊1株、その他44株である。供試株はBareilly 9.5%、Welevreden 8.4%、Eneriidis 7.7%、Newpor 7.5%、yphimurium 7.3%など61血清型に型別された。薬剤別耐性はオキシテトラサイクリン18.0%、ストレプトマイシン17.3%、アンピシリン6.4%、カナマイシン5.1%、クロラムフェニコール4.4%、セフロキシム0.7%、ナリジクス酸0.2%であった。5剤耐性を示した12株を最高に22.6%の株が11薬剤のいずれかに耐性であった。セフロキシムを含む5剤耐性を示したNewpor 4株でbla(CMY)遺伝子が確認された。1992年に乳牛から分離されたyphimurium 1株がD104に型別された。

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 59(4), 259-265, 2006-04-20 

    日本獸医師会

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018129036
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    7873806
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ