犬糸状虫症感染予防に来院した犬のバベシア, ヘモバルトネラおよびエールリッヒア感染状況調査 Epidemiological Survey of Babesia gibsoni, Haemobartonella and Ehrlichia Infection in Dogs Presenting for Canine Filaria Control

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Babesia gibsoni汚染地域である淡路島・洲本市の動物病院に犬糸状虫症感染予防を目的として来院した犬の末梢血を材料としてB.gibsoni、ヘモバルトネラおよびエールリッヒア特異的PCRを用いて感染の有無を確認した。536頭中10頭(1.9%)がB.gibsoni陽性、また16頭(3.0%)がヘモバルトネラ陽性を示したが、エールリッヒア陽性を示したものは認められなかった。B.gibsoniとヘモバルトネラに同時に感染している犬は認められなかった。またヘモバルトネラ陽性16頭のうちMycoplasma haemocanis感染は5頭、'Candidaus Mycoplasma haemaoparvum'感染は11頭で、両者の混合感染は認められなかった。

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 59(4), 267-270, 2006-04-20 

    日本獸医師会

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018129066
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    7873836
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ