紫かんしょのアシル化アントシアニン由来 6-O-Caffeoylsophorose の大量調製法 Large-scale Preparation of 6-O-Caffeoylsophorose from Acylated Anthocyanins in Purple Sweet Potato

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

工業用の合成吸着樹脂HP20とオープンカラムを用いて純度の高い6-<I>O</I>-Caffeoylsophorose(CS)の精製方法を検討した.紫かんしょ色素(PSP)を弱酸性加熱分解して調製したCS混液からカラムクロマトグラフィーでCSを分離・精製すると,PSP由来のクロロゲン酸等がCSと同時に溶出し,純度を上げることは困難であった.従って,PSPからクロロゲン酸を除去する方法,及びその色素を用いて高純度のCSを調製する方法を検討した.<BR>(1)カラムに吸着させたPSPを15%エタノールで展開すると,アントシアニン類は樹脂に吸着されたままでクロロゲン酸等が溶出され,クロロゲン酸を含まないPSP(CF-PSP)が66%の収率で得られた.<BR>(2)CF-PSPを弱酸性加熱分解してCS混液を調製し,これをダイヤイオンHP20樹脂カラムに吸着させ,15%エタノールで展開すると,不純物の少ないCSが12%の収率で得られた.分取HPLC法によって調製したCS画分を100%標準として,得られたCSの純度は約80%であった.

6-<I>O</I>-caffeoylsophorose(CS) is a functional component of vinegar produced by the acetic fermentation of storage roots of purple sweet potato (cultivar Ayamurasaki). Large-scale preparation of CS was examined using a synthetic absorbent resin, Diaion HP20. The CS-rich preparation produced by heat cleavage in acidic conditions from purple sweet potato pigment (PSP) was purified by the HP20 open column method. However, a high purity of CS was not achieved due to the co-elution of chlorogenic acid. To remove the interfering chlorogenic acid, PSP was applied to the column and eluted with 15% ethanol, resulting in the elution of chlorogenic acid while the anthocyanins were absorbed to the resin. We were thus able to obtain chlorogenic acid-free PSP (CF-PSP) with a recovery ratio of approximately 66%. As a result of the purification of CS from heat-treated CF-PSP, we obtained CS with a purity of 80% at a recovery ratio of approximately 12%.

収録刊行物

  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology  

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 53(4), 214-217, 2006-04-15 

    Japanese Society for Food Science and Technology

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018130387
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467499
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1341027X
  • NDL 記事登録ID
    7876237
  • NDL 雑誌分類
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-126
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ