ガーリックの抗がん作用 : 香気成分によるチューブリンの修飾とアポトーシスの誘導

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 化学と生物

    化学と生物 44(5), 286-288, 2006-05-01

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

  • がんを防ぐための12ヵ条

    国立がんセンター監修

    http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/about/010101.html

    被引用文献1件

  • <no title>

    ARIGA T.

    Asian Functional Foods, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    SEKI T.

    Cancer Lett. 160, 29, 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    FUKAO T.

    Food Chem. Toxicol. 42, 743, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    BRENNAN P.

    Lancet 366, 1558, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    HOSONO T.

    J. Biol. Chem. 280, 41487-41493, 2005

    DOI 被引用文献4件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018130465
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037573
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0453073X
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ